結婚写真のプランを事前に立ててしっかり活用する

結婚写真のプランを事前に立ててしっかり活用する 結婚写真は、結婚式の当日に式場で撮るものもありますし、前もって写真だけを撮ることもあります。いろいろなタイプがありますので、大切な日の思い出として事前にしっかりとプランを立てておきましょう。当日に式場で撮るものとしては、式の流れが分かるものや新郎新婦のツーショットがメインです。衣装を複数用意しているのであれば、それぞれの服ごとに異なるアングルで撮影したいものです。また、家族や友人、仕事の仲間との集合写真も是非撮影するようにしましょう。式場の関係もありますが、披露宴もしくは結婚式自体が終了してから、一定の時間を設けて撮影するケースが多いです。招待人数などによっても変わってきますが、前もってどんなグループで写真を撮るかを決めておくと、スムーズに作業を進めていけます。

前もって結婚写真を撮る場合は、家族やペットなど、より丁寧な撮影が可能になります。また、式よりも前に新郎新婦の姿を収めておくと、式の前後や披露宴の催しの一つとしてムービーを流す際に、二人のキレイな写真を挿入することができます。子どもの頃や学友、仕事仲間と一緒の写真や映像を入れることが多いムービーですが、プロに撮影してもらった結婚写真を入れると、ぐっと映像の質が上がりますし二人の魅力が伝わりやすくなります。このように当日の催し物用に利用できるのはメリットと言えるでしょう。

結婚式では、両親やゲスト、手伝ってくれたスタッフなどにギフトを渡す場合が多いです。何を渡そうか迷ってしまうものですが、両親へは、両親との思い出の瞬間を撮ったシーンなどと一緒に二人の幸せな結婚写真をアルバムに入れて渡すのはいかがでしょうか。前もって撮影しておいたからこそ可能なアイディアであり、思い出たくさんの素敵なプレゼントとなります。ゲストなどには、結婚写真をキレイに切り取って、アイテムの中に入れることでオリジナルのプチギフトを作ることができます。

さらに、結婚の報告をハガキでする際に写真を利用するのもおすすめです。式場で撮るよりも時間をかけて撮影するため、イメージ通りの背景や表情、衣装での撮影が可能となり、質の高いものができあがります。SNSのプロフィール画像や、スマホの背景などに設定するのも良いでしょう。二人で生活を送り始めたという新しい自分たちの姿を見せることができます。特別な写真はいろいろな場面で活用できるため、前もって計画を立ててより魅力的な思い出作りをしましょう。

最新ニュース